中古市場には「お宝物件」がたくさん眠っている

中古物件には、お宝度が高いものがたくさんあります。新築では手が届かない広さ、住宅環境を格安に手に入れることもできるのです。

例えば、広さや住宅環境などの条件が整った中古物件であっても、家の内装が子どもによって汚されていたり、壁に穴が開いていたりして、見た目が悪い物件があります。通常はなかなか買う人が現れません。

こういった場合、不動産会社が買い取り、リフォームをして売りに出します。その際には、もちろん不動産会社の利益もプラスされています。

しかし、このような物件を自身で購入しリフォームを施せば、リフォームをされた中古物件を買うよりも安く、また同じエリアの新築に比べかなり安く購入できるのです。

さらに、瑕疵保険に加入できれば、本来は築25年以内の物件にしか受けられない住宅ローン減税を受けることができますので、10年間で最大200万円のお金が戻ってくる可能性もあります。

お宝物件はマンションだけではありません。一戸建て物件にもたくさんあります。戸建て住宅は築20年を超えると建物の価値がゼロとみなされ、土地だけの価格で売られてしまいます。しかし、実際は築20年を超えても、まだまだ使える建物がたくさんありますので、価値がある建物がタダ同然で手に入ると考えると、大変にお得です。

このような物件を買い取り、リフォームすることで安く手に入れることができます。リフォーム後と同じ金額の新築を購入しようと思ったら、駅から離れたり、土地面積が狭くなったりするでしょう。

このように、中古物件にはお宝物件がたくさんあります。そして、価格交渉をしたり、住宅ローン減税を受けることで、新築物件を購入するよりも、1000万円以上もお得にマイホームを手に入れることが可能なのです。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ