「解体費用」を値引き交渉の材料に使う

1.古い建物が残っているからこそ安くなる

中古の戸建てを探しているならば、住宅だけではなく土地も探してみると、「古家付き」の土地物件で掘り出し物を見つけるかもしれません。古家とは築年数に関係なく、築20年でも古家付きと呼ばれることもあります。

このような物件のメインは土地です。建物は売買契約後に解体されると想定しています。周辺の土地よりも安くなっている場合は、解体費用を見込んで安くしていることもあります。

もし、古家付きなのに周辺の土地相場と同じような価格で販売されていたら、解体費用が必要であることを材料に、値引き交渉ができます。

一般的な解体費用は30坪(100平方メートル)程度の木造住宅なら、1坪あたり3~4万円程度です。100平方メートルの家で90~120万円くらいになります。

鉄筋コンクリート住宅なら1坪あたり7~10万円程度で、100平方メートルの家で210~300万円くらいです。

また、浄化槽があると別途10~20万円、井戸があると埋設に数万円、お祓いにも数万円程度の費用がかかります。この解体費用は全国で大きな相違はありません。

これらの解体費用を材料に、値引き交渉を行いましょう。解体費用分を値引きしてもらっても、すぐに解体する必要はなく、まだ住める建物であればリフォームしてそのまま住んでも構いません。

古家付き土地にある建物は、今にも崩れそうな家からまだまだ住める家までざまざまです。いずれの場合も、瑕疵担保保証なしが条件になると思います。

すなわち、欠陥が見つかったとしても責任は負いませんということです。
築年数や外見からまだまだ住めであれば、必ずインスペクションを行ってから、最終判断をしてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ