価格交渉では本気度が問われる

1.いたずらな値引き交渉は失敗する

売り主が個人の場合、安易な値引き交渉をしないほうがいいでしょう。例えば、100万単位での値引き交渉を次々に提示する方法はお勧めできません。

個人にとって100万円単位の値引き交渉にOKを出すのは、相当な覚悟が必要です。また、長年の愛着がある自宅なので、やみくもな値下げ要求は機嫌を損ねますし、売ってくれなくなります。

本気でほしいという姿勢がないと価格交渉はできません。いたずらに値切るのではなく、この条件でこの価格なら絶対に購入しますという強い意志を伝えることが大切です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ